日本におけるブータン研究の発展・普及を目指して
Japan Society for Bhutan Studies: JSBS

NEW!『ブータン学研究』第7号

※学会誌は、当該年度の会員のかたにのみ配布するかたちを採っています。バックナンバーは会員のかたに1冊1,500円にて販売いたします。詳細は事務局までお問い合わせください。

2024年3月31日(日)、学会誌『ブータン学研究』第7号が発行されました。

『ブータン学研究』Vol.7, 2024

論文
  • 多言語社会ブータンにおける移住者の言語社会化とアイデンティティ形成 ―ナラティヴ・アプローチによる「語り」の分析― (佐藤 美奈子)
ブータン通信
  • 調査報告:障害のある子どもの学びに関する教員の意識 ―三回の調査を比較して― (櫻井 里穂)

The seventh issue of Japanese Journal of Bhutan Studies was published on 31st March, 2024.

Japanese Journal of Bhutan Studies Vol.7, 2024

Article
  • Language Socialization and Identity Formation of a Migrant in a Multilingual Society, Bhutan -An Analysis of ‘Narratives’ Using a Narrative Approach- (Minako Sato)
Column
  • Research report: Teacher Perspective on Inclusive Learning for Children with Disabilities -Comparing Surveys Conducted in Triplicate- (Riho Sakurai)