日本におけるブータン研究の発展・普及を目指して
Japan Society for Bhutan Studies: JSBS

NEW!『ブータン学研究』第5号

※学会誌は、当該年度の会員のかたにのみ配布するかたちを採っています。バックナンバーは会員のかたに1冊1,500円にて販売いたします。詳細は事務局までお問い合わせください。

2022年3月31日(木)、学会誌『ブータン学研究』第5号が発行されました。

『ブータン学研究』Vol.5, 2022

論文
  • 都市移住者を対象とした成人識字教育 ―ブータンの首都ティンプーにおけるノンフォーマル教育調査から― (佐藤 美奈子)
研究ノート
  • インクルーシブ教育の受容実態 ―西ブータン二都市と西日本の一地方政令都市の教員の視点を比較して― (櫻井 里穂)
ブータン通信
  • ブータン王国ECCDの現状とその展望 ―保育現場における活動実践や環境を通して― (相樂 真紀子・田中 正代)

The fifth issue of Japanese Journal of Bhutan Studies was published on 31st March, 2022.

Japanese Journal of Bhutan Studies Vol.5, 2022

Article
  • Adult Literacy Education for Urban Migrants -From a Non-Formal Education Survey in Thimphu, the Capital of Bhutan- (Minako Sato)
Research Note
  • Acceptance of inclusive education -A comparison of teacher perspectives from two cities in West Bhutan and a major city in Western Bhutan- (Riho Sakurai)
Column
  • The current situation and the prospects of ECCD in the Kingdom of Bhutan -Through activity and the environment in the childcare spot- (Makiko Sagara, Masayo Tanaka)