日本におけるブータン研究の発展・普及を目指して
Japan Society for Bhutan Studies: JSBS

NEW!第4号

※学会誌は、当該年度の会員のかたにのみ配布するかたちを採っています。バックナンバーは会員のかたに1冊1,500円にて販売いたします。詳細は事務局までお問い合わせください。

2021年3月31日(水)、学会誌『ブータン学研究』第4号が発行されました。

『ブータン学研究』Vol.4, 2021

論文
  • 学校教師の家庭言語選択と実践 ―多言語社会ブータン王国における家庭言語調査から― (佐藤 美奈子)
  • ラカ語音韻論 ―共時的・通時的分析― (西田 文信)
  • ブータン王国サッカー国内リーグ過去10年間の変遷 ―2010年~2017年の実態調査を基に― (松山 博明、関口 潔)
  • 国民総幸福(GNH)批判の学術的検討 ―アクターネットワーク論から逆照射する― (真崎 克彦、Jit Tshering)
書評
  • 藤原整著『ブータンの情報社会』早稲田大学出版部(2020年) (西田 文信)

The fourth issue of Japanese Journal of Bhutan Studies was published on 31st March, 2021.

Japanese Journal of Bhutan Studies Vol.4, 2021

Article
  • Home Language Selection and Practice by School Teachers -From Home Language Survey in Bhutan, a Multilingual Society- (Minako Sato)
  • A Phonology of Lakha -synchrony and diachrony- (Fuminobu Nishida)
  • Changes in the Bhutanese national football league over the past ten years -Based on a survey from 2010 to 2017- (Hiroaki Matsuyama, Kiyoshi Sekiguchi)
  • Bhutan’s Policy of Gross National Happiness (GNH) -Examining GNH Criticisms through the Lens the Actor-Network Theory- (Katsu Masaki, Jit Tshering)
Book Review
  • FUJIWARA, hitoshi. Infomation Society in Bhutan. Waseda University Press. 2020. (Fuminobu Nishida)