日本におけるブータン研究の発展・普及を目指して
Japan Society for Bhutan Studies: JSBS

NEW!第2号

※学会誌は、当該年度の会員のかたにのみ配布するかたちを採っています。バックナンバーは会員のかたに1冊1,500円にて販売いたします。詳細は事務局までお問い合わせください。

2019年3月31日(日)、学会誌『ブータン学研究』第2号が発行されました。

『ブータン学研究』Vol.2, 2019

日本ブータン学会第2回大会基調講演
  • ブータンへの医療支援における京都大学病院の取り組み (岡島 英明)
論文
  • ブータン王国のラックカイガラムシを題材とした高等学校家庭科の教材開発 ―ラック染色布、染色動画と実権を教材とした授業実践の試み― (都甲 由紀子・陶山 由佳)
  • マンデビ語諸方言における音韻の年代差 (西田 文信)
  • ブータン王国シェムガン県トン集落の緑地ならびに植物の構成 (吉村 晶子、菅 博嗣、永村 裕子、川崎 英明、石井 匡志、井手 勇人、タシ・ペンジョール、ウゲン・テンジン)
ブータン通信
  • 第4回・第5回ブータンフォーラム ―ブータンで開催したブータンフォーラムの報告― (菊池 多絵)

The second issue of Japanese Journal of Bhutan Studies was published on 31st March, 2019.

Japanese Journal of Bhutan Studies Vol.2, 2019

Keynote Address, 2nd Annual Conference of JSBS
  • Medical Cooperation between Kyoto University and University of Medical Sciences of Bhutan” (Hideaki Okajima)
Article
  • Developing Teaching Materials for High School Home Economics Using Bhutan Lac Bugs -Practice Teaching of Lac Dyed Textiles and Dyeing Videos and Experiments as Learning Materials- (Yukiko Togo, Yuka Suyama)
  • Phonological variation of different age groups in the Mangdep dialects (Fuminobu Nishida)
  • Plant Organization in Trong Village, Zhemgang, Bhutan (Akiko Yoshimura, Hirotsugu Suga, Yuko Nagamura, Hideaki Kawasaki, Masashi Ishii, Hayato Ide, Tashi Penjor, Ugyen M Tenzin)
Column
  • Report of Bhutan Forum in Bhutan (Tae Kikuchi)