日本におけるブータン研究の発展・普及を目指して
Japan Society for Bhutan Studies: JSBS

NEW!『ブータン学研究』第3号

※学会誌は、当該年度の会員のかたにのみ配布するかたちを採っています。バックナンバーは会員のかたに1冊1,500円にて販売いたします。詳細は事務局までお問い合わせください。

2020年3月31日(火)、学会誌『ブータン学研究』第3号が発行されました。

『ブータン学研究』Vol.3, 2020

論文
  • ブータン王国の小学校におけるパネルシアター教材の有用性の研究 ―「話すこと」に視点をおいた授業実践と質問紙調査から― (田中 正代)
  • ブータンサッカーの育成年代の競技力向上に関する実態調査 ―ポストゴールデンエイジとゴールデンエイジに着目して― (松山 博明・松竹 貴大)
研究ノート
  • ゾンカ語の能格性に関する覚書(その1) (西田 文信)
ブータン通信
  • 数字で見る第1回~第100回ブータン勉強会 ―日本ブータン研究所主催「ブータン勉強会」報告― (平山 雄大)
資料
  • イギリス議会資料ブータン関連文書 目次一覧 (平山 雄大)

The third issue of Japanese Journal of Bhutan Studies was published on 31st March, 2020.

Japanese Journal of Bhutan Studies Vol.3, 2020

Article
  • Study on the Usefuless of the Panel Theater Teaching Method in Primary School in Bhutan -From Class Practice and Questionnaire Surveys that Focus on Speaking- (Masayo Tanaka)
  • Performance Improvements in Young Football Players in Bhutan -Comparison between Post-golden-age and Golden-age Players- (Hiroaki Matsuyama, Takahiro Matsutake)
Research Note
  • A Note on Ergativity in Dzongkha (Part 1) (Fuminobu Nishida)
Column
  • 1st to 100th Bhutan Study Session in Numbers -Report on “Workshop on Bhutan” hosted by Japan Institute for Bhutan Studies (JIBS)- (Takehiro Hirayama)
Archives
  • Contents List of PAPERS RELATING TO BOOTAN and FURTHER PAPERS RELATING TO BOOTAN (Takehiro Hirayama)