日本におけるブータン研究の発展・普及を目指して
Japan Society for Bhutan Studies: JSBS

NEW!第1号

※学会誌は、当該年度の会員のかたにのみ配布するかたちを採っています。バックナンバーは会員のかたに1冊1,500円にて販売いたします。詳細は事務局までお問い合わせください。

2018年3月31日(土)、学会誌『ブータン学研究』第1号が発行されました。

『ブータン学研究』Vol.1, 2018

論文
  • オレカ語の言語学的特徴について ―音声・音韻・形態を中心に― (西田 文信)
  • 2008年民主化以前におけるブータン・中国の二国間関係 ―インドの動向と併せて― (諸橋 邦彦)
  • ブータン王国シェムガン県トン集落の緑地ならびに植物の構成 (吉村 晶子、菅 博嗣、永村 裕子、川崎 英明、石井 匡志、井手 勇人、タシ・ペンジョール、ウゲン・テンジン)
研究ノート
  • 「新しい文明開化」としてブータンの情報化現象を捉える試み (藤原 整)
ブータン通信
  • ブータン人の洗濯 (都甲 由紀子)

The first issue of Japanese Journal of Bhutan Studies was published on 31st March, 2018.

Japanese Journal of Bhutan Studies Vol.1, 2018

Article
  • Linguistic features of ‘Olekha -with special reference to phonology and core vocabulary (Fuminobu Nishida)
  • Bilateral Relationships between Bhutan and China before the 2008 Bhutanese Democratisation (Kunihiko Morohashi)
  • Plant Organization in Trong Village, Zhemgang, Bhutan (Akiko Yoshimura, Hirotsugu Suga, Yuko Nagamura, Hideaki Kawasaki, Masashi Ishii, Hayato Ide, Tashi Penjor, Ugyen M Tenzin)
Research Note
  • To Consider Social Phenomena by ICT Penetration in Bhutan as “Brand-new Civilization” (Hitoshi Fujiwara)
Column
  • Bhutanese Washing (Yukiko Togo)